黒いドレスの女性

男性が求めていること

緑のドレスの女性

「男ってなぜあんなに大阪のキャバクラが好きなのかしら」多くの女性がこのように疑問や悩みを持っているかもしれません。旦那や彼氏にキャバクラ通いについて責める前に、男性が大阪のキャバクラに求めていることとは一体何かについて知っておいたほうがいいでしょう。多くの男性になぜ大阪のキャバクラへ通うか聞いてみると、「癒されるから」という回答が多く寄せられます。なぜ癒されるのでしょうか。それはキャバクラ嬢は客の誰に対してでも優しいからというのです。キャバ嬢たちは男性が仕事でやらかしてしまった失敗談などを黙って聞いてくれて笑顔でうなずいてくれます。これだけでも男性はかなり癒されるのです。男性は見栄を張る生き物なので、弱音を妻や彼女には吐きたくないし、みっともない姿も見せたくないのです。そこで恋愛関係のないキャバクラ嬢であれば、その場限りだからみっともない話したって気が楽ということがあるのです。男性にとってキャバクラはいわばエステのような感じなのかもしれませんね。一方で付き合いや商談で通うといった声も聞かれます。商談など大事な話をキャバクラでという疑問もありますが、その場にきらびやかな女の子がいるだけで和やかな雰囲気になるようです。また取引先の人のしつこい場合は、キャバクラ嬢が相手になってくれるといった側面もあるようです。このように男性にとって大阪のキャバクラでに求めていることは色々あるのです。

キャバクラ派?セクキャバ派?


若い時に新宿に行くと良くキャバクラのスカウトに声をかけられていました。その時の仕事に満足していなかったこともあり、ダブルワークということで体験入店を兼ねて話を聞きに行ったことがあります。その時行った事務所は小汚い1室の部屋でした。そこで色々と話をしたのですが、そこのキャバクラはお客の獲得に枕を推進するようなところで、その時点で私は断る気満々でした。取り敢えず話だけは聞いていこうと思っていたので、適当に話を合わせていたのですが、その時セクキャバを薦められ、君はセクキャバに向いていると言われました。何がどうしてそうなったのかは分かりませんが、話をまとめてみると「お客との枕に抵抗がない」「短時間で確実に多くのお金を稼ぎたい」「見た目」でそう判断されたようです。正直、既にキャバクラで副業する気もなかったですし、セクキャバなんてもっての外です。乗り気な担当者に面倒くさくなったこともあり、断ると態度が一変し、君みたいな人にはキャバクラは無理、セクキャバも向いていないと言い始めました。あまりの態度の違いに驚きましたが、きっとそう言って色んな女の子をノリ気にさせてきたんだろうなと実感しました。スカウトの甘い言葉は要注意です!スカウトされて働かずに自分で希望の条件の出ているキャバクラ店で働くのが一番です。

キャバクラにはまった弟


僕には弟がいます。弟は今まで彼女がいた事がありません。でもそれなりに満足した毎日を送っているのです。その理由がわかりました。弟はよくキャバクラへ行っていたのです。だから体も心も満たされていたのです。僕は今まで一回も行った事がありません。未知の世界だったのです。でも弟はそんな僕に、とても自慢をしてきます。とてもいいところだ、可愛い子がいっぱいいるよ、毎日でも通いたいくらいだと言っているのです。でも僕には彼女がいるので、正直キャバクラなんて行かなくてもいいと思っていたのです。それなのに行ってしまいました。僕は彼女を裏切って、隠れて行ってしまったのです。弟に誘われるがまま、僕はその未知の世界へと行ってしまったのです。とても明るくてみだらな店内でした。可愛い子が本当にいっぱいいました。彼女とは違う、全く違った子ばかりです。とても新鮮で、僕は虜になってしまったのです。すぐそばにいるのです。たまに僕を悦ばせてくれるのです。それがとても嬉しかったです。彼女がしてくれないような事を、とても積極的にしてくれます。それが快感で良かったです。もっと早くに弟と来ていれば良かったです。もっと満たされていたでしょう。


難波キャバクラ|ビゼミナミ|大阪/ミナミ/心斎橋
《ビゼミナミ》は心斎橋のキャバクラの中でも美人の女性が多く評判なお店です。
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2丁目7−20 サザンパレスビル1F
電話:06-6484-0055

contents

案外身近な夜の世界

ある夜,友人と大阪の街をブラブラと歩いているとホストの呼び込みにあった。最初は全く興味もなく,加えてホストに対する恐怖的なものもあり完全に無視を決め込んで歩き続けた。しかしそ…

more...

友達にキャバ嬢とホストがいます。

友達にキャバクラで働いている子とホストやっている子がいるので、遊びに行ったことが何回かあります。地元なのでこじんまりとしたお店でしたが、どちらもなかなか楽しかったです。キャバ…

more...

キャバクラの醍醐味を味わった1日

最近、会社の仕事が激務なこともあり、ほとんど家族とは交流をすることもなくなっていました。奥さんは子供の世話が大変らしく、私とはほとんど会話をすることもありません。それでも成り…

more...

キャバクラ嬢として成功する秘訣

多くのサラリーマンの夜を魅力的なものにするのがキャバクラです。実際に、今では多くのキャバクラが存在し、そして女性にとってもキャバクラは簡単にバイトしやすいお店となっています。…

more...