黒いドレスの女性

キャバクラの醍醐味を味わった1日

最近、会社の仕事が激務なこともあり、ほとんど家族とは交流をすることもなくなっていました。奥さんは子供の世話が大変らしく、私とはほとんど会話をすることもありません。それでも成り立っているのは家族愛ゆえなのですが、やはり家族のために働いている身としては無性に寂しくなることがあるのです。その気持ちを伝えようにも話す時間すらありませんので、もやもやした気持ちが続いていたんです。先日、上司からキャバクラに行かないか誘われて、いつもは断っていたんですが吸い寄せられるように誘いに乗ってしまいました。若い女の子と話す機会なんてないようなフツメン以下の私ですから、一緒にお酒を飲んで話せるだけでもよいリフレッシュとなりました。自分よりも10歳以上年下でかわいい女性と話していると、独身時代に戻ったような気持ちになります。今はくたびれたおじさんですが、過去にはそれなりに女性と遊んだ経験もありますから、息抜きとしてキャバクラを利用するのもありでしょう。相変わらず妻との関係は非常に冷えきったものですが、それでも私にはキャバクラというオアシスを発見したので辛くはありません。特定の女の子と公然に仲良くできるのもキャバクラならではの醍醐味なのです。

contents

案外身近な夜の世界

ある夜,友人と大阪の街をブラブラと歩いているとホストの呼び込みにあった。最初は全く興味もなく,加えてホストに対する恐怖的なものもあり完全に無視を決め込んで歩き続けた。しかしそ…

more...

友達にキャバ嬢とホストがいます。

友達にキャバクラで働いている子とホストやっている子がいるので、遊びに行ったことが何回かあります。地元なのでこじんまりとしたお店でしたが、どちらもなかなか楽しかったです。キャバ…

more...

キャバクラの醍醐味を味わった1日

最近、会社の仕事が激務なこともあり、ほとんど家族とは交流をすることもなくなっていました。奥さんは子供の世話が大変らしく、私とはほとんど会話をすることもありません。それでも成り…

more...

キャバクラ嬢として成功する秘訣

多くのサラリーマンの夜を魅力的なものにするのがキャバクラです。実際に、今では多くのキャバクラが存在し、そして女性にとってもキャバクラは簡単にバイトしやすいお店となっています。…

more...